CEホールディングスグループ

株式会社ディージェーワールド

T.T.さん

コミュニケーションの大切さを実感したというT.T.さん。その思いは、まだ見ぬ後輩へも伝えられていくことでしょう。

システム開発部T.T.さん

プロフィール
生まれも育ちも北海道。早くからITに興味を持ち、情報工学を学べる大学へ進学。大学時代は授業とアルバイト(某スーパーでの品出し)に明け暮れる毎日を送る。4年の大学生活を経て、2018年にディージェーワールド(DJW)へ新卒入社。

YouはどうしてDJWへ?

就職活動をしていくにあたり、自分の中で決めいていたことがありました。
まずは「大学で学んだ知識や技術を活かせる職種」であること、また「会社の業務内容に興味を持ったところ」というものでした。
大学では情報工学を学んでおり、ITに関わる仕事というイメージはありました。
そんななかでDJWを知り、自分の希望と合致していたため入社を決めました。職場が札幌だということも良かったです。

DJWへの入社の決め手は?

医療系システム事業と、デジタルサイネージ事業を行っている会社だということが一番です。
私の父は以前ケアマネジャーをしており、また母が現役の看護師です。なので、「医療系」というものを普段から身近に感じていました。
それにデジタルサイネージはまだまだこれから発展していく新しい技術だと思ったので、非常に興味を持ちました。この二つを同じ会社で携われるということが決め手でした。

DJWにエントリーしたきっかけは?

学生時代、就活に行き詰まっていました。
そんな時、当時所属していたゼミの教授から大学に来ていた求人の中かDJWを勧められました。その求人票に記載されていた業務内容欄に興味を持ったことが、エントリーしたきっかけです。

入社していま、どういう仕事をしている?

現在はグループ会社であるシーエスアイの電子カルテ『MI・RA・Is/AZ(ミライズ/エーズィー)』の機能である、同じくグループ会社であるエムシーエスが提供している看護支援システムの対応を行っています。看護支援機能は、看護師さんたちの業務をサポートするもので、医療の現場で活躍しているシステムなんです。そのシステムの障害への対応や、看護師さんがより使いやすくするための改善などを行っています。

仕事で「楽しい」と思えるのはどういうとき?

自分が行ったプログラム修正が終わり、仕様通りの動きをしていることが確認できたときです。
お客様へ無事に納品できたことを知ったときは達成感や、楽しさを感じます。

初めてできる後輩へひとこと

私自身まだまだですが、技術は後からついてくると思います。
なので、まず大切なのは周りの人とのコミュニケーションだと思います。意思疎通をスムーズにすることが、結局は後の自分の利益にもなっていくと思っています。